2016年10月10日月曜日

バイオ, チョウ, 龍, バラ, 時計, 般若

寒っ!
昨晩は冷えましたねえ。
そんな一気に寒くならなくてもって思ってたら、昼間は晴れて暖かい。
服装に困りますね。


今回はスタジオから車ですぐ、お金持ちの住む町「白壁」にある「文化のみち二葉館」へ行ってきました。

電力王と呼ばれた福沢桃介と日本の女優第1号である川上貞奴が、1920年大正9年)から1926年(大正15年)までの6年間を共に暮らした旧邸宅である。(ウィキペディア)

「文化のみち二葉館」としてオープンしたのは2005年だそうです。
文学に関する資料も展示されてます。


超お金持ちが金に糸目をつけずに作った、ゴージャスな建築です。


内装も凄いです。

この福沢桃介さんは、1万円札の福沢諭吉の婿養子だったそうです。
そして実業家として成功し、色々あって女優の川上貞奴とここで暮らしたんですねえ。


大正時代にこのステンドグラスは凄いです。


ちょっとした出窓のある部屋もお洒落です。
どう暮らしていたのか、全然ピンときません。。


僕みたいなもんが座ると雰囲気が台無しになります。


女優第1号である川上貞奴さんを知ったのは1年半前。
この人が作った「成田山貞照寺」へ行った時です。
その時はどんだけ金持ちなんだと思いましたが、納得です。

その時のブログはこちら

2階には地元の作家さんの資料が展示されてました。
しかし広い家です。


被写体が沢山あるし、とても目の保養になりました。

入館料200円です。


タトゥー
カバーアップのバイオ、続きです。
サーフィンと釣りが趣味なんでこんなに焼けてます。


バイオメカってことで、内側にメカの目を追加しました。

ありがとうございました。


チョウです。
オーダーにより、シンプルなデザインにしました。

ありがとうございました。


龍、続きです。
昨年から久しぶりの登場です。


背景やら炎がたなびく、デザインです。

ありがとうございました。


目やらバラやら、続きです。
なにかストーリー性が見えてきました。

ありがとうございました。


バラ時計、完成しました。
日光アレルギーの方で可哀想なんですが、タトゥーには最高の肌質の方。
繊細なタッチで彫れました。

ありがとうございました。


般若、続きです。
こちらの方はなぜか肌質が悪く、彫るのも大変ですが、写真も上手く写らないんです。
写真はコントラストなど、だいぶ加工してます。

背景を上に伸ばすそうで、それも進めました。
まだ般若の後ろに月もあります。

ありがとうございました。




0 件のコメント: