2017年7月17日月曜日

九尾のキツネ, 矢, 天使, ハート, 文字, ヘビ

犬山市が大雨で何人かの方に心配して頂きましたが、特に何も困る事は無く良かったです。
ありがとうございました。

今日は港祭りだったんですね。さっきのお客さんに聞きました。
なかなか花火は撮りに行けないです。。


今回で京都旅行記は最終回です。

暑ーい京都の街を歩いて、被写体を探しながら、逃げ込む甘味処も探して歩いてました。


あまり人通りの無い裏通りも情緒があります。

突然現れた人力車の俥夫さんが営業してきました。
とてもいい人そうで、話も上手い。
僕が乗りそうな人だと見抜いてるのか、出来るヤツだ。


という事で、案内をしてもらうことにしました。
細マッチョでイケメン君です。


酒屋にぶら下がってるさるぼぼみたいなものの説明も受けたんですが、どういう意味があるかは忘れました。。
くくり猿って云うそうです。

カラフルなくくり猿がインスタの撮影スポットとして人気がある金剛寺です。
綺麗なオレンジ色の門の外から、人力車に乗ったまま撮りました。


そしてオレンジの門の上に誰にも気がつかれず乗っている猿たち。
俥夫さんが教えてくれました。


鴨川を渡る橋の上からです。
川床のお店がいっぱいです。料金は高いんだろうなあ。。


橋で説明を聞いていると、頭上をサギが飛んで行きました。
とっさにカメラを向けてしまう習慣が出来ちゃって、一瞬で1枚だけ撮れたんですが、なかなかいいのが撮れました。


さらに人力車は人通りが少ない通りへ入って行きました。
人通りが多いところも通ったんですが、外国人に写真を撮られまくりました。


ここは東山女子技芸学校です。
舞妓さんになる為の学校です。


昼間から舞妓さんが見られるのはラッキーだそうです。
さすが出来る男の案内は違いました。

バタバタでハードな旅行でしたが、いいものを沢山目に焼き付けてきました。
お付き合いありがとうございました。


タトゥー
九尾のキツネ、続きです。
なかなか来られない方なので、進みは遅いんですが背景に黒が入りました。


水晶玉を入れたいとの事で、後から追加しています。

ありがとうございました。


矢など続きです。
前回入れたビロウの木を気に入って頂けたようで、上の部分にもそれを追加しました。

ありがとうございました。


天使です。
持ち込みデザインのアレンジです。翼の先が武器になってます。
小さくて細かい、タトゥー向きのデザインでは無いんですが、やれる範囲内でやらせて頂きました。

ありがとうございました。


縄のハートです。
パープルからピンクへとグラデーションかけてます。

ありがとうございました。


ハングル文字です。
これは自分の名前を当て字にしたそうです。

ありがとうございました。


ヘビ、スタートです。
腕の方まであるヘビなんですが、どーしてもその日に入れたいという飛び込みの方で、頭だけ先に描いて彫らせて頂きました。
おどろおどろしい感じが好みの方でした。

ありがとうございました。




2017年7月13日木曜日

ドラゴン, シェイクハンド, 天狗, ひょっとこ, 文字, トゥーフェイス

豪雨、凄かったですねえ。
スタジオから駐車場まで、走って1分でびしょ濡れになりました。


今回も京都の続きです。
祇王寺(ぎおうじ)にやって来ました。
ここは平家物語にも登場した、由緒ある寺です。
しかし立派な門があるわけでもなく、自然の中にひっそりと佇んでいます。


だいぶ足取りも重く、ふらふらと歩いています。。


どーですか?
この景色を撮りに来ました。
重かった足取りも急に軽くなります。


美しい苔がびっしりです。
写真はホワイトバランスを変えて、青さを強調して撮ってます。


秋には真っ赤に染まる楓の木がいっぱい。
秋にも来たいですねえ。人も少ないし。


普通の寺とは雰囲気が全く違います。
草庵っていう茶室みたいな建物がありました。


その中。
なんという大胆な作りの窓。
吉野窓と言うそうです。

つくばい越しの苔庭。
絵の様です。


こんな場所も。
平清盛と書かれてますが、説明省略。。


今回のベストショット。
苔、楓、背景の竹林が心穏やかにしてくれました。


竹林も撮っておきました。
嵯峨野の竹林の道よりいい写真が撮れました。


タトゥー
トラッドの龍、完成しました。
楽しく描いてる感が出たデザインでした。

ありがとうございました。


シェイクハンドです。
こちらの方もトラッドの龍を入れた方。
今回はいつもとちょっと違って、婚約記念的な意味合い。

ありがとうございました。


天狗、続きです。
顔にカラーが入りましたが、赤がうまく撮れませんでした。。

裏側のひょっとこも進行中です。
こちらは明るい色と抜きで目立ちます。

ありがとうございました。


何文字だったかな?アラビアだったかな。。
それとローマ数字。
フィリピン人の方で、日本人が英語を入れる様に、英語は避けてるんですね。
ちなみに入れた場所は脇腹です。

ありがとうございました。


トゥーフェイス、スタートです。
まだ背景が入って、肘下がグルッと埋まります。

ありがとうございました。



2017年7月9日日曜日

ドラゴン, バイオ, 梵字, 太鼓, スサノオ

いやー暑いですねえ。。
夏ですねえ。

でも一日中冷房の中にいるので、身体がおかしくなりそうです。


京都旅行記の続きです。
祇園をぶらぶらしながら八坂神社へやってきました。
さすがに人は多かったです。
衣装のレンタルだと思いますが、着物を着てる人たちはほぼ外国人でした。


ここは全国にある八阪神社や関連神社、約2300社の総本社なんだって。


そんな凄いところですが、行きたいリストには無かった所なので、適当に観てスルーします。


端っこにあって人が寄って来ない絵馬堂が一番魅力的でした。


奥に進むと円山公園など、色々ありましたがあまりにも暑くて、面倒になり行きませんでした。
地元にあったら絶対に行くような、立派な寺や神社が多すぎて、もったいないですが。


街並みも綺麗なんでそっちを観ます。


景観って大事ですよねえ。
楳図かずお先生が住んでてピンクの家建てたら困りますもんねえ。


かなり異彩な建物を発見。
どこかのおかしな宗教団体の建物かと思いました。中には入れません。
後で調べたら大雲院、通称銅閣寺だって。
普通の浄土宗系寺院。
それにしてもなんだこの建築は。。

もっと調べると1927年に完成してて、文化勲章をもらってる建築家が設計してます。
中はもっと凄いです。
その建築家はアジアを旅してきたそうで、納得しました。

海外からの観光客が多いのもうなずける、日本の美しさを堪能できました。
写真はたまたま見つけた、日の丸な家。


タトゥー
ドラゴン、続きです。
赤い色だけ入れました。
僕も東南アジアは好きなんで、こういうデザインは楽しいです。

ありがとうございました。


バイオメカ、続きです。
1年ぶりに来て頂きました。
毎回時間が空くので発想が変わってしまいます。
今回はスカルを入れ込みました。


元々和彫りの龍が入ってたのをカバーアップしてます。

ありがとうございました。


梵字です。
不動明王を入れてる方で、背景と繋がってます。

ありがとうございました。


和太鼓、和太鼓奏者?
なんて言えばいいのか難しい絵です。
ハートビートって事でしょうが、心臓の場所間違えてる方でした。。

ありがとうございました。


スサノオノミコト、スタートです。
オロチ退治です。

龍虎を入れた方で、その背景を変わったデザインにしたので、繋ぐのに頭使います。

ありがとうございました。


今回は常連さんばかりでした。