2017年4月24日月曜日

牛骨, 梵字, 文字, クロス, ヘビ

最近は天気もよく、暖かいですねえ。
どこかへ行きたくなります。
行けないけど。。


今回訪れたのは、覚王山日泰寺(かくおうざんにったいじ)です。
前々回の続きです。
揚輝荘の庭から見えていた五重塔のあるところです。
すぐ近くだったので南館へ行く前に来ました。
初めて来て広さにビックリ。


上の写真の山門を反対側から逆光で。

ここ日泰寺は、どこの宗派にも属さない、日本で唯一の超宗派の寺院なんだそうです。
この時はそんなことも知りませんでした。


門を潜ると五重塔が目に入ってきます。
平成9年に作られた新しいものです。
右には鐘楼が見えます。


この鐘楼も新しい感じ。
ん? 鐘にタイの文字が書いてある!
なんでだ?


なんだかここは普通じゃ無いなと、思いつつ立派な本堂に入ってみました。
奥で坊さんが何かやってます。


超ズーム撮影。
何かを叩いて演奏中です。
木魚がデカすぎ。。


その横を歩いてた爺坊さんにズームしてたら気がつかれました。。
めっちゃ睨んでます。


おふざけしてるとバチが当たるんでこれくらいにして。。
なんだこの祭壇は!インドの匂いがするし、上にはまたもやタイ文字が。
何も情報無しに来たので、少々戸惑ってます。


外にはタイのラーマ5世(国王)の像が。
象の像も。。。

後で調べたら、タイ国王から寄贈された真舎利(釈迦の遺骨)がここに安置されてるそうです。。
マジか! 釈迦の遺骨だって。。

遺骨は明治31年にインドで発見されて、タイに譲渡され、明治33年に日本に送られ、明治37年に遺骨と釈迦像を奉安する為にここが作られたんだって。


咲き始めた桜と五重塔。

覚王山の覚王とは釈迦の別名だって。
日泰寺の日泰(にったい)とは「日本とタイ王国」ってことだそうです。
なるほど。。
手も合わせずに帰って来ましたけど、すごいところだったんですねえ。


ふざけすぎ。。

なかなか立派なところでしたし、綺麗でした。
ただ釈迦とか悟りとか、興味無くて申し訳ないです。。


タトゥー
牛のスカル(ステアヘッド)、完成です。
ネイティヴアメリカンの羽根帽子をかぶってます。


人と全く違う形の頭に、帽子をかぶらせるのに、少々工夫が必要でした。

ありがとうございました。


指に梵字です。
難しい梵字じゃなくて良かったです。

ありがとうございました。


文字です。
中国からマラソンの為に一人で来られた方です。
このタトゥーも入れる予定だったそうです。
手書きの「がんばって」、なるべく可愛く書きました。。

ありがとうございました。謝謝。


クロスと翼の組み合わせです。
サーファーの方なので波も入れさせて頂きました。

ありがとうございました。


ヘビとか色々、続きです。
最初から全体のデザインが決まってる訳ではなく、全て飛び込みで進めています。

ありがとうございました。




0 件のコメント: