2018年3月15日木曜日

チベタンスカル, 龍, 文字, 唐獅子, 九尾のキツネ

なんか急に春が来ましたねえ。
どういう服装で出掛けたらいいか考えてしまいます。

春は気分が上がるんで、いいですよね。


東大寺二月堂、続きです。
上まで上がってくると人がいっぱいでした。
みんなご利益が大好きですね。


このベランダみたいなところでは、行事の時にデカイたいまつみたいなのを持って走るそうですよ。


狭い場所なんで混雑してますが、この創りが興味深いです。


外を見ると下りの階段が見えます。
ここは新しく見えるので、後から作ったんでしょうね。


右へ行くと降りる階段。
ここからの景色もなかなか。


みんなが降りていくところですが、登廊って名前です。
他では見ない創りに興味深々でした。
意外と古くからあるものかも。


下に降りたら法華堂経庫という建物がありました。
正倉院と同じ奈良時代の「校倉造(あぜくらつくり)」です。
湿度が高い時には木が膨張して隙間が無くなり、外気を防ぎます。
小学生くらいに社会で習った記憶があります。
社会は全然興味無くて、苦手科目でしたが校倉造にはなぜか興味を持ちました。
それを間近で見て、一人興奮気味でした。


そして南面に戻ってきました。
反射してうまく撮れませんでしたが、龍の絵。
尻尾に金剛杵っていう法具を持ってます。
インドから伝わったものですが、龍が持ってるのは初めて見ました。

ここ二月堂は流石に国宝の仏堂だけあって、素晴らしかったです。
勉強になりました。


タトゥー
チベタンスカルです。
イーグルを入れた方の腕内側に追加で繋げてます。
チベタンスカルはチベット密教の法具で、さっきの法具と近いんでデザインも似てます。

ありがとうございました。


龍、続きです。
背景を進めています。

日本の龍は中国から伝わったものです。
インドはもちろん世界中に伝説がありますね。
その歴史を調べても面白そう。。

ありがとうございました。


文字です。
久しぶりにボブマーレーの歌詞です。
手書き風フォントでした。

ありがとうございました。


唐獅子カバーアップ、続きです。
牡丹にカラーが入りました。
唐獅子の歴史も面白そうです。
唐って書くから、やっぱり中国から来たってことですもんね。
狛犬とかシーサーとかもその流れのはずです。
元はライオンです。

ありがとうございました。


九尾のキツネ、続きです。
キツネにも色が入りました。

さすがにキツネの神様は海外には無さそう。
ただ梵字はインドの方から伝わってきたものですよね。

ありがとうございました。



0 件のコメント: