2017年12月16日土曜日

マリア, サメ, 唐獅子, 太陽, トラ, 文字

2年ぶりにホームページのギャラリーを更新しました。

なんで2年も開いたかというと、わかりやすくと思って、細かくモチーフ別のページを作ったせいで、自分で管理しにくくなっちゃったんです。
なのでページ数も減らして、作品数も減らして、リニューアルしました。
良かったら見て下さいね。
載って無い人がいっぱいで、ごめんなさいね。


台湾は高雄市の池、蓮池潭を自転車で巡っております。
晴天では無いものの、蒸し暑く、小さなカフェがあったので休憩しました。
高いもので50台湾ドル、188円くらい、観光地価格ですね。


日陰は涼しいです。
だいたいこういうドリンク屋さんでは、テイクアウトして飲み歩けるように、カップにビニールの蓋をコーティングしてくれます。
さらに持ちやすいようにビニール袋に入れてくれます。

そしてまたすぐ近くに移動。
高雄孔子廊にやってきました。
ここは高雄市政府によって建てられてるので、これまでのB級感は無いです。。


だだっ広いです。
立派な門がいくつかあります。

ここは孔子さんを祀った廊なんです。
中国、紀元前500年くらいに生きた、釈迦、キリストと並んで世界3聖人と言われる偉い方ですよ。


本殿的な大成殿。威厳がありますねえ。

こんな立派なところなんですが、観光客が誰もいない。。
地元の方が公園みたいにくつろいでるのは見ました。

ここで働いてるような人も見かけないし、自転車で大成殿の入り口まで乗り付けれました。


近くで見るとやっぱ派手だわ。
古くからある建物ですが、2013年に改修工事されてて、綺麗です。


派手な装飾に気を取られながら入り口を入ると、爺さんがいてびっくり。
一応受付みたい。入場無料でした。
黙々と何かやってられました。写真撮ってもいい?ってほぼジェスチャーで聞いたらOKとジェスチャーで返ってきました。


とは言え、シンプルでそれほど撮るものも無く。。
まあ静か。。
この部屋は崇聖祠といって、孔子の五代の祖先を祀ってるんだって。


これで蓮池潭周辺の目的地は制覇したので、フラフラと池の反対側まで来ました。
そのまま街の方へ帰りながら、何かあればいいなと。

途中でローカルなマーケットを見つけたんですが、スラムみたいな雰囲気でヤバい。
写真も撮れませんでした。。


これまた凄いの発見!
どこに乗せてんの!
後で調べたら「洲仔清水宮」ってところなんですが、説明が見つからないマイナーなところでした。
見た目のインパクトは凄いです。しかもかなり大きいです。


天府宮ってところ。
もう疲れて外から撮るだけ。。

この写真、実は半分から下の左右2枚の写真と上の1枚、3枚の合成写真なんです。
左上の屋根がおかしいでしょ。
かっこいい屋根も見せたいし、左右の狛犬もかっこいいしで、混ぜちゃいました。

実は一番最初の写真も合成です。
上の旗は違う場所にあったんですが、わかりやすい様に店のレイアウトを変えちゃいました。。屋根も短くしてるし、旗の影は描いてます。。


タトゥー
マリアと死神、スタートです。
いつもは1回で終わるワンポイントを入れている方が、大きいものをオーダーされました。
美しダークを目指します。

ありがとうございました。


サメの歯です。
ヒザを囲むデザインで、たまに見かけるデザインなんですよ。
前回ハトを入れた、黒のみトラッドな方です。

ありがとうございました。


唐獅子などのカバーアップ、続きです。
顔の左右にあった蝶はもう見えなくなりました。
胴体のところにはトライバルが入ってて、それも毛を塗れば見えなくなります。

ありがとうございました。


太陽と月です。
関係無いんですが、雑学を。
月と太陽って見かけの大きさがほぼ一緒。
太陽の直径は月の400倍で、月の400倍遠くにある。。
それは偶然らしいんですが、重さとか重力のバランスなんでしょうね。

ありがとうございました。


トラです。トラッドのトラ。。
ちょうど隙間に入るように描きました。

ありがとうございました。


文字です。
オールドイングリッシュって字体です。
いきなり来られたネパールの方でした。
ネパールの人ってイケメンが多いですね。

ありがとうございました。